佐賀県佐賀市のいちはら耳鼻咽喉科クリニックです。 新生児からご高齢の方まで、全ての年齢の患者様を対象にしています。1.的確な診断と治療 2.十分な説明 3.受診しやすい環境 4.子どもを怖がらせない を理念として診療にあたっています。アレルギー性鼻炎のレーザー治療、睡眠時無呼吸症候群の治療にも力を入れています。

鼓室内ステロイド注入(突発性難聴)

  • HOME »
  • 鼓室内ステロイド注入(突発性難聴)

ステロイド鼓室内注入療法

突発性難聴に対する新しい治療法

 

【どのような治療でしょうか】
突発性難聴とは原因不明の急性感音性難聴です。原因が分かっていないのですが、異常をきたしている場所は内耳(図1)とされています。治療方法に関しても確実に完治させうる治療方法は残念ながら確立されていないのが現状です。
様々な研究がなされているのですが、現段階ではステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しての治療が推奨されています。難聴の程度によって飲み薬で治療したり、点滴で治療したりします。
この様な治療方法は使用した薬が全身に行き渡りその一部が内耳に届いて効力を発揮するため、医学の世界では「全身投与」と呼ばれています。全身に薬が行き渡るため、ある種の持病(糖尿病、高血圧、胃潰瘍、肝炎など)をお持ちの方には不向きな治療となります。
一方、ここでご紹介する「ステロイド鼓室内注入」は、同じステロイドの治療ではありますが、鼓膜の奥「鼓室」にステロイドを注入する方法ですので、他の臓器への影響は心配する必要がありません。この治療方法は、以前から一部の施設において行われていた治療なのですが、昨年(2016年)、国内最大の耳鼻咽喉科の学会「日本耳鼻咽喉科学会」の「保健医療委員会全国協議会」及び「日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会」において初めて治療の指針が示されました。それを受けて当院でもこの治療を開始することに致しました。持病をお持ちの方でも安心してステロイドによる治療が受けられます。

【治療の実施】
どの様に治療するのかをご説明いたします。
治療は週に1回で3~4回行います。まず、鼓膜に麻酔をします。まず麻酔です。麻酔薬を浸した小さな綿の塊を鼓膜の上にそっと置き、15分ほど待ちます。その後、特殊な注射器を用いて鼓膜に針を刺してステロイドを注入します。(図2)2回目からは、麻酔をしなくても痛まないかもしれません。1回20分程度の治療になります。料金は3割負担の方で1回520円くらい(初診料や検査費用などを含まない治療部分のみの料金)です。麻酔が必要内容であれば2回目以降は470円程度になります。

         図1
 
        図2

TEL 0952-24-8010 佐賀県佐賀市の嘉瀬町大字扇町2469ー26

PAGETOP
Copyright © いちはら耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.