佐賀県佐賀市のいちはら耳鼻咽喉科クリニックです。 新生児からご高齢の方まで、全ての年齢の患者様を対象にしています。1.的確な診断と治療 2.十分な説明 3.受診しやすい環境 4.子どもを怖がらせない を理念として診療にあたっています。アレルギー性鼻炎のレーザー治療、睡眠時無呼吸症候群の治療にも力を入れています。

低年齢化するアレルギー疾患

  • HOME »
  • 低年齢化するアレルギー疾患

アレルギー性鼻炎を含むアレルギー疾患を持つ患者さんの数は年々増加していますし、発症の低年齢化の傾向を示しています。

 

 

 

 

アレルギーの治療の原則は、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)原因物質が何であるかを特定し、それらを体内に取り込まない様にすることです。アレルゲンはひとりひとり異なります。また、発症の低年齢化が進行していることを考えると、成人ばかりではなく、小児期、特に離乳食を開始する時期、給食を開始する時期におけるアレルゲン検査は重要であると考えています。

小児での食物アレルギーは増加の一途をたどっています。乳児期から食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を発症し、のちに鼻炎、気管支喘息を発症するアレルギーマーチの概念があり、食物アレルギーの小児は将来アレルギー性鼻炎を発症するリスクが高いと考えられます。

ある研究によると、食物アレルギーをもつ小児における吸入系アレルゲンを調べたところ、0歳からダニアレルゲン陽性率の上昇がみられ4歳で90%に達したそうです。またスギ花粉などの季節性抗原は2歳から急激に感作率が上昇し、スギ花粉は5歳で80%に達したそうです。

これらのことから小児期における「吸入系アレルゲン」と「食物系アレルゲン」を検査することの重要性を感じています。

当院におきまして、「吸入系アレルゲン」と「食物系アレルゲン」を同時に多項目、しかもごく少量の指先からの採血で検査できるシステムを導入いたしました。0歳のお子様から多くの方に実施しております。

TEL 0952-24-8010 佐賀県佐賀市の嘉瀬町大字扇町2469ー26

PAGETOP
Copyright © いちはら耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.